2016年度活動報告

全国一斉クリーンキャンペーン

太陽生命では1982年から、地域社会への社会貢献活動として、本社周辺の清掃活動を行ってきました。2004年からは「全国一斉クリーンキャンペーン」として、全国の支社でも周辺地域の清掃活動を実施。2016年度は、全国で5,722名(従業員の家族を含む)が参加し、日ごろお世話になっている地域に感謝の気持ちを込めて清掃活動を行い、社員が一丸となって社会貢献活動に取り組みました。

寄付による大学でのオープン講座

大同生命は、2002年の創業100周年を機に、毎年、「寄付による大学でのオープン講座」を開催しています。本講座は、中小企業経営者・後継者や地域の皆さまに経営・ビジネス等に関する知識・スキルの習得の場をご提供するもので、過去15年間の累計受講者数は、13,000人以上に達しています。

2016年度は、広岡浅子(大同生命創業者である明治の実業家)が創設に関わった日本女子大学をはじめ、9大学で開催しました。

日本ダウン症協会への支援

太陽生命と太陽生命グッドウィル・サークル友の会は、公益財団法人日本ダウン症協会と交流し、支援をしています。

《主な活動》

  • 同協会の賛助会員として、活動を支援。
  • 同協会が開催するセミナーの会場や評議委員会・理事会の会合に太陽生命の会議室を提供。
  • 同協会の活動に対し、支社や本社部署の役職員がボランティアとして参加。

障がい者スポーツへの支援

大同生命は、1992年の「第1回全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)」より、20年以上にわたり全国障害者スポーツ大会に特別協賛しています。大会では、参加選手などとの交流の場である「ふれあい広場」に「大同生命ブース」を毎年設置し、大同生命及び太陽生命の多くの役職員がボランティアとして活動しています。また、2015年1月からは公益財団法人日本障がい者スポーツ協会のオフィシャルパートナーとして、障がい者スポーツのより一層の普及・発展に向けた取組みを行っています。

障がい者一日外出支援ボランティア

大同生命は、ボランティア休暇制度を利用して日ごろ外出機会の少ない障がい者の方々の外出を支援する「障がい者一日外出支援ボランティア活動」を1994年から実施しています。会話や食事、車椅子・歩行介助など、障がい者の方々と直接ふれあうことを通じて障がいに対する理解を深めています。

東日本大震災復興支援 石巻マルシェ(石巻物産展) in 日本橋

太陽生命は、石巻の特産品を通じて本格的な復興を応援するため、「石巻マルシェ in 日本橋」を開催しました。当日は、T&D保険グループ各社のほか、近隣企業の方や近くを通りかかった方などからたくさんの方にお越しいただきました。