T&Dホールディングス「IRポリシー」

1. IR活動の目的

当社は、「適時」、「公平」、「正確」を原則として、積極的なIR活動を推進し、株主・投資家等の皆さまの信頼と正当な評価を確保することを目指します。

2. 基本姿勢

当社は、株主・投資家等の皆さまに対し、当グループの経営環境、経営戦略および財務・業績状況に関する情報を、「継続的」に「わかりやすく」ご提供するよう努めます。金融商品取引法、保険業法、その他の法令および東京証券取引所の規則で定められた情報については、適時適切かつ公平に開示します。

3. IR情報

当社は、IR情報として、有価証券報告書、決算短信、適時開示情報等の法定・制度開示情報に加え、以下のIR情報をご提供します。

  • 投資家および証券アナリスト向けのIRイベント(会社説明会、決算説明会、IRフェア等)資料
  • アニュアルレポート等のIR冊子

なお、上記のIR情報は、当社ホームページの株主・投資家向けページ等に、適宜、掲載します。

4. IR活動に係る態勢

当社のIR活動においては、トップ・マネジメントによる説明を原則とします。ただし、IRイベントの内容、規模等に応じて、IR担当の職員が代替します。

なお、株主・投資家等の皆さまからの、当社のIR活動に関するお問い合わせは、IR担当部署にてご対応します。

5. 経営陣へのフィードバック

当社では、IR活動を通じて株主・投資家等の皆さまから寄せられた情報等については、適宜、経営陣へフィードバックするとともに、取締役会等へ定例的に報告しています。

6. 沈黙期間

当社は、決算発表準備期間中に未公表の決算情報が漏洩することを防ぎ、IR活動の公平性を確保するため、各四半期の決算発表日前の3週間をIR活動における「沈黙期間」とし、この期間中は、決算内容に関するコメントを控えさせていただくと同時に、原則として、IRイベントへの参加およびIRミーティングの開催を行いません。