グループの連携を深め、サステナビリティ推進を強化していきます。

サステナビリティ推進体制

T&D保険グループでは、グループ各社のサステナビリティ・CSR担当役員(企画担当・CSR担当)などを構成メンバーとする「グループSDGs委員会」を設置しています。

これにより、グループ各社がそれぞれの業務の中で主体的にサステナビリティ推進に取り組むとともに、同委員会でのグループ横断的な方針や施策などの議論を通じて、グループのサステナビリティ推進体制を強化しています。

グループSDGs委員会(2019年4月グループCSR委員会を改編)

サステナビリティの推進を目標を掲げてわかりやすく表わしているのがSDGsです。サステナビリティ推進のグループ内連携を一層図り、グループ一体となって取組みを進めていくことを目的に、取締役会の下部機関として設置されています。グループのサステナビリティ推進の要となり、SDGsおよびCSR活動の基本方針と重点テーマを定め、 年間計画を策定し、その実施状況を定期的に確認します。委員長はT&Dホールディングス社長(代表取締役、取締役会議長)、副委員長はT&Dホールディングス経営企画部担当執行役員です。2019年度の開催回数は5回。審議・検討又は情報の共有を行った事項は、取締役会に報告しています。また、ますます重要となる気候変動の課題に対応するためグループSDGs委員会の下部機関として気候変動リスク対応専門部会を設置しています。

加えて、ホールディングスおよびグループ各社のサステナビリティ・CSR担当部署が共同してSDGs推進ワーキンググループを構成しています。同ワーキンググループは、グループ各社のサステナビリティ推進の情報を共有するとともに、グループSDGs委員会の運営・活動を補佐し、グループ各社のサステナビリティの取組みを推進しています。

T&Dホールディングス サステナビリティ担当執行役員

取締役専務執行役員 永田 光宏

2019年度 グループSDGs委員会出席率100%

T&Dホールディングス サステナビリティ推進専担部署

T&Dホールディングス 経営企画部 サステナビリティ推進課

グループ各社サステナビリティ・CSR担当部署

グループ各社にサステナビリティ・CSR担当部署設置(企画部門・広報部門)

T&D保険グループサステナビリティ推進体制

(2020年4月現在)

「T&D保険グループサステナビリティ推進体制」の図

マネジメントアプローチ

T&Dホールディングスでは、ISO26000の中核主題、課題ごとに、以下の表に示すような会議体で取組みを推進しています。

ISO26000中核主題・課題 会議体(会議の長)
組織統治 組織統治 経営会議(ホールディングス社長)
グループ戦略会議(ホールディングス社長)
人権 デューディリジェンス・人権に関する危機的状況・加担の回避・差別および社会的弱者 グループコンプライアンス委員会
(ホールディングス社長)
労働慣行 雇用および雇用関係・労働条件および社会的保護・社会対話・労働における安全衛生・職場における人材育成および訓練 人事戦略協議会
(ホールディングス人事担当執行役員)
環境 汚染の予防・持続可能な資源の利用・気候変動緩和および適応・環境保護、生物多様性および自然生息地の回復 グループSDGs委員会(ホールディングス社長)
公正な事業慣行 汚職防止・責任ある政治的関与・公正な競争・財産権の尊重 グループコンプライアンス委員会
(ホールディングス社長)
バリューチェーンにおける社会的責任 グループリスク統括委員会
(ホールディングスリスク管理担当執行役員)
消費者課題 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情および紛争の解決・教育および意識向上 グループ主要各社お客さまサービス部門、
および商品開発部門
消費者データ保護およびプライバシー グループリスク統括委員会
(ホールディングスリスク管理担当執行役員)
コミュニティへの参画およびコミュニティの発展 コミュニティへの参画 グループSDGs委員会(ホールディングス社長)

グループSDGs委員会以外のISO26000中核主題・課題の活動は以下に示すとおりです。

経営会議およびグループ戦略会議

当社は経営会議およびグループ戦略会議を設置しています。経営会議は、会長、社長および主担当の業務を有する執行役員で構成され、主に当社およびグループの経営管理に関する重要な事項を審議しています。また、グループ戦略会議は、社長および経営企画部門、経営管理部門を担当する執行役員、並びに生命保険会社3社の社長を兼務する取締役で構成され、グループ戦略およびそれに付随する重要な事項を審議しています。

グループコンプライアンス委員会

T&D保険グループのコンプライアンス態勢を強化することを目的に、取締役会の下部機関として設置しています。委員長は社長、副委員長はリスク統括部(コンプライアンス)担当執行役員です。グループのコンプライアンス態勢の推進や監視・改善等に加えて、公正な事業の推進の課題や、人権に対する違反等の課題も当委員会で調査・企画・協議されます。グループのコンプライアンス推進状況について定期的なモニタリングを行い、当委員会で審議することにより、T&D保険グループコンプライアンス行動規範の遵守状況、コンプライアンス態勢の有効性等を検証しています。2018年度の開催回数は4回。審議・検討又は情報の共有を行った事項について、取締役会に報告しています。

人事戦略協議会

当社と生命保険会社3社は、グループの内務職員の人事労務に関する課題を共有し、グループで対応すべき施策の重要事項を協力して調査・企画・協議するため、「人事戦略協議会」を設置しています。

当社の人事担当執行役員を議長とし、各社の人事部門の部門長が委員となり、毎月開催しています。女性活躍をはじめとするダイバーシティの推進、人材育成、ワーク・ライフ・バランスの推進、従業員の健康と安全の保護など、グループの人事課題に関する施策や運営方法の調査・企画・協議を通じて、「多様な人材が働きがいを感じながら能力発揮できる企業風土づくり」を推進しています。

グループリスク統括委員会

当社グループにおけるリスクを統括管理し、リスク管理の徹底を図ることを目的に、経営会議の下部機関として設置しています。委員長はリスク統括部担当執行役員です。取引先の外部委託管理にかかるリスクも当委員会で調査・企画・協議しています。

2018年度の開催回数は18回。審議結果について、経営会議および取締役会に報告しています。