株主還元方針

T&Dホールディングスは、当社およびグループ会社の経営の健全性維持に留意し、グループとして必要な内部留保を確保したうえで株主価値の向上に取り組み、安定的な利益配分を実施していくことを基本方針としております。

この方針のもと、株主還元水準を「還元対象利益*の40%以上」とし、「安定的な現金配当」と「機動的な自己株式の取得」を実施していきます。
なお、配当のお支払回数につきましては、中間配当と期末配当の年2回としております。

還元対象利益*の40%以上の株主還元を実施。安定的な「現金配当」+機動的な「自己株式の取得」

* 2021年3月期より、株主還元対象利益として従来の「実質利益」に変えて「グループ修正利益」を導入しています。
グループ修正利益 = 当期純利益 ± ①資産・負債の会計処理のアンマッチ等による評価性損益 + ②負債性内部留保の超過繰入額

配当状況

1株当たり配当金
中間 期末 年間(合計)
2021年3月期 22円(予想) 22円(予想) 44円(予想)
2020年3月期 22円 22円 44円
2019年3月期 20円 22円 42円
2018年3月期 17.5円 20円 37.5円
2017年3月期 15円 17.5円 32.5円
2016年3月期 30円 30円
2015年3月期 25円 25円
2014年3月期 25円 25円
2013年3月期 22.5円 22.5円
2012年3月期 22.5円 22.5円
2011年3月期 45円 45円
2010年3月期 45円 45円
2009年3月期 45円 45円
2008年3月期 65円 65円
2007年3月期 65円 65円
2006年3月期 55円 55円

2011年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
なお、配当予想につきましては「決算短信ページ」をご覧ください。

自己株式取得状況

取得額
2020年3月期 約130億円
2019年3月期 約170億円
2018年3月期 約170億円
2017年3月期 約190億円
2016年3月期 約300億円
2015年3月期 約100億円
2014年3月期 約30億円
2013年3月期
2012年3月期 約50億円

株主優待

実施しておりません。