T&D保険グループでは、T&Dホールディングスの社長を委員長とし、グループ各社のサステナビリティ・CSR担当役員等を委員とする「グループSDGs委員会」を設置し、グループ一体となったサステナビリティの推進に取り組んでいます。

「グループSDGs委員会」は、グループサステナビリティ推進の要となり、SDGsおよびCSR活動の基本方針と重点分野を定め、年間計画を策定し、その実施状況を定期的に確認しています。2018年度も、「より良い商品・サービスの提供」「人権の尊重」「地球環境の保護」を重点分野と位置づけ、グループのサステナビリティの取り組みを推進しています。

より良い商品・サービスの提供

取組内容
【PLAN】
  • 社会的課題の解決に貢献し、お客さまのニーズにあった最適で質の高い商品・サービスを開発・提供することで、生命保険事業を通じて社会に対する責任を果たす
2018年度の結果・実績
【DO】
  • 「人生100歳時代」のリスクに備える「ひまわり認知症予防保険」を発売
  • 認知症などによる要介護状態を幅広く保障する「介護リリーフα」を発売
  • 「長寿プレミアム」「みんなにやさしい終身保険」「家計にやさしい終身医療」を発売、改定
  • 「太陽の元気プロジェクト」「DAIDO KENCOアクション」による、高齢化による社会的課題の解決に向けた取組み
2019年度の活動予定
【CHECK・ACTION】
  • 社会的課題の解決に貢献し、お客さまのニーズにあった最適で質の高い保険商品およびサービスの開発と提供を継続
  • 中小企業経営者の「国籍に関わらず、すべての従業員を大切にしたい」という想いにお応えするため、お申込手続きの日本語での理解が困難な外国人従業員の方の取扱いを開始

人権の尊重

取組内容
【PLAN】
【人材育成の取組み】
  • 人材交流の拡充によるグループシナジーの発揮とグループを担う人材の育成
【多様性への取組み】
  • 多様な人材が活躍できる職場環境づくり
  • 安全で働きやすい職場環境の整備
  • 誰もが尊重され受け入れられ、気持ちよく能力が発揮できる組織づくり
【健康増進の取組み】
  • 役職員の健康増進施策を実施
2018年度の結果・実績
【DO】
【人材育成の取組み】
  • 各社の持つ優れたノウハウやスキルの共有化を目的に、グループ各社間で人材交流を実施
  • 自ら希望する職務やMBAの取得、グループ外企業への派遣などにチャレンジする社内公募を実施
【多様性への取組み】
  • 障がいのある従業員の入社前に職場見学会を実施、入社後は専用のパソコン等の導入や通勤経路の配慮により、働きやすい職場環境を整備
  • 同和問題や障がい者に関する差別問題、ハラスメント、LGBTなど、さまざまな人権問題を取り上げ、全従業員に年2回以上の人権啓発研修を実施
  • 休暇、福利厚生制度において同性パートナーを配偶者とみなす取扱いを開始
【健康増進の取組み】
  • 役職員の健康増進に向けた取組みとして、太陽生命では「太陽の元気プロジェクト」、大同生命では「DAIDO-ココ・カラ」を推進
  • グループ各社で社内禁煙を実施
2019年度の活動予定
【CHECK・ACTION】
【人材育成の取組み】
  • 人材交流の拡充によるグループシナジーの発揮とグループを担う人材の育成を継続し、従業員のキャリア形成を支援
【多様性への取組み】
  • グループ役職員の誰もが成長できる働き方改革・意識改革を継続
【健康増進の取組み】
  • 役職員の健康増進施策を継続

地球環境の保護

取組内容
【PLAN】
電力使用量削減
  • 目標期間:2018~2027年度(基準2016年度)
  • 対象範囲:ホールディングス、中核会社が保有または賃借して使用するビル
  • 目標:床面積あたり電力使用量10%以上削減
事務用紙使用量削減
  • 目標期間:2014~2018年度
  • 基準:2009~2013年度使用量の平均
  • 対象範囲:ホールディングス、中核会社の本社使用分
  • 目標:基準比9%削減
グリーン購入比率
  • 目標:文具・事務用品のグリーン購入比率80%以上
  • 対象範囲:ホールディングス、中核会社
2018年度の結果・実績
【DO】
電力使用量削減
  • 始業時間前・昼休みの消灯、OA機器の電源オフ等のほか、早帰り日の設定、クールビズ、ウォームビズ、ライトダウンキャンペーンの継続実施など、さまざまな取組みを実施
  • 2018年度は基準値から5.8%削減
事務用紙使用量削減
  • ペーパーレス会議の推進、保管文書の削減、2in1印刷・両面印刷の活用、コピー枚数の管理徹底等により、使用量削減を推進
  • 2014~2018年度の5年平均で基準比20.5%削減となり、目標を大幅に達成
グリーン購入比率
  • グループ共通のグリーン購入基準を定め、環境にやさしい商品の優先購入を推進
  • 2018年度実績はグリーン購入比率94.5%と、目標達成を継続
2019年度の活動予定
【CHECK・ACTION】
電力使用量削減
  • 上記の施策を通じた電力使用量削減の取組みを推進
事務用紙使用量削減
  • 2019年度から新たな5年目標を設定し、一層の事務用紙使用量削減を推進
グリーン購入比率
  • 環境にやさしい商品の優先購入の取組みを継続

コミュニケーション

取組内容
【PLAN】
  • グループサステナビリティ推進関連情報の発信
  • グループ内のサステナビリティ推進意識向上
2018年度の結果・実績
【DO】
  • グループCSRレポート(2019年度よりサステナビリティレポート)を発行するとともに、ホームページ開示情報を拡充
  • グループ報や研修により、グループ内にサステナビリティ推進関連情報を周知
2019年度の活動予定
【CHECK・ACTION】
  • グループサステナビリティレポートの開示情報の拡充および取組みや成果等を含むグループサステナビリティ推進関連情報の発信の充実
  • サステナビリティ情報の教育・研修(セミナー、 e–ラーニング等)を通じたグループ内のサステナビリティ・CSR意識向上に向けた取組みを継続

地域・社会への貢献

取組内容
【PLAN】
  • クリーンキャンペーン
  • グループ共同献血
2018年度の結果・実績
【DO】
  • 太陽生命「全国一斉クリーンキャンペーン」を実施
  • 各社本社部門(東京)が共同で年2回の献血を実施(2018年度の献血来場者数 延べ369人)
2019年度の活動予定
【CHECK・ACTION】
  • 継続してクリーンキャンペーンを実施
  • 継続して年2回のグループ共同献血を実施

T&D保険グループではサステナビリティの取り組みについて詳細を記載した「T&D保険グループサステナビリティレポート」を発行しています。その他の活動については、サステナビリティレポートをご覧ください。