事業を通じて「社会にとっての価値」と「企業にとっての価値」を創造し、持続的な成長を実現

みなさまには、日ごろよりご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。
T&D保険グループは、「Try & Discover(挑戦と発見)による価値の創造を通じて、人と社会に貢献するグループを目指します。」をグループの経営理念としております。この経営理念にしたがい、事業を通じて「社会にとっての価値」と「企業にとっての価値」の両方を創造し、持続的な成長を目指してまいります。

当社グループは、生保事業をコアとし、太陽生命・大同生命・T&Dフィナンシャル生命の生命保険3社それぞれが市場特化戦略を追求した強い生保企業の集合体。そこに、生保事業に親和性のあるT&Dアセットマネジメント(アセマネ事業)、ペット&ファミリー少額短期保険(ペット保険事業)を加えた特徴ある上場生命保険グループです。

各事業会社が「独自性」「専門性」を最大限発揮しつつ、持株会社である当社がグループとしての全体最適を追求し、個の総和を超えるグループ力を発揮するべく、グループ経営を行っております。

現在は、2016年4月を始期とする3ヵ年のグループ中期経営計画(以下、中計)「Try & Discover for the Next Stage ~成長領域拡大の3年~」に取り組んでおります。中計最終年度となる2018年度の第2四半期を終え、主要経営指標(EV・新契約価値・実質利益)はいずれも計画達成に向けて順調に進捗しております。

これは、主に以下の2つの取組みが着実に成果につながった結果と考えております。

○商品ポートフォリオの変革

本中計では、これまでの太陽生命・大同生命における死亡保障の積上げを背景に、顧客ニーズの多様化に応じた第三分野・就業不能保障等への拡張に引き続き取り組んでおります。低金利環境下、2017年4月の標準利率の改定、2018年4月の標準生命表改定などもあり競争環境が変化するなか、生命保険各社がそれぞれの特化マーケットにおいて、機動的かつ柔軟性のある商品開発・改定を実施いたしました。

○シニアマーケットへの取組み強化

『成長領域の拡大』に向けたシニアマーケットの開拓・深耕として、生命保険各社では、それぞれの特化マーケットのニーズに応じた特徴ある商品・サービスの一体的な提供を進めております。また、豊かな長寿社会の実現に向けて、お客さまの疾病の予防と健康増進を支援するための取組みも推進しております。

2018年度は、現行中計戦略を着実に遂行し、中計目標を達成するとともに、次期中計につながる成果に向け、各種施策に着手し実行する重要な1年でもあります。

次期中計は、コアである国内生保事業でさらなる成長を実現するとともに、収益源泉の多様化をはかり、持続的成長をより確かなものにする、事業ポートフォリオ強化のための3年にしたいと考えております。この次期中計を見据え、すでに上期において、さらなる成長に向けた新規施策を順次推進しております。下期も引き続き取組みを進め、シームレスに次期中計につなげてまいります。

今後もグループ役職員一丸となった“Try & Discover(挑戦と発見)”の弛まぬ実践を通じ、企業価値の安定的・持続的な増大を実現していく所存ですので、何とぞご理解、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2018年12月

株式会社T&Dホールディングス

代表取締役社長

上原弘久

上記文中にある『ペット&ファミリー少額短期保険』は、2019年4月1日付で社名を『ペット&ファミリー損害保険』に変更しております。