社会的責任投資の方針と投資意思決定

太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメントでは、次のとおり、社会的責任投資の視点を投融資プロセスに取り入れています。

太陽生命

太陽生命では、お客さまからお預かりした保険料をもとに資産運用を行っていることを踏まえ、収益性・安全性・公共性に十分配慮するとともに、責任投資原則(PRI)の署名機関として、ESGの課題を考慮することも資産運用の基本姿勢として資産運用の規程に明記しています。

このような資産運用の基本姿勢のもと、株式や不動産投資、法人向け貸付等の際に、責任投資原則(PRI)の考え方を投融資のプロセスに反映しています。

大同生命

大同生命では、生命保険事業が社会性・公共性の高い事業であること、お客さまからお預かりしている保険料をもとに資産運用を行っていることを踏まえ、投融資の判断要素として当該投融資先のESG課題を考慮しています。

具体的には、投融資の審査プロセスに、当該投融資先のESGに関する取組内容や問題点等の確認を組み入れています。

また、株式投資先企業と対話する際には、財務情報に加えESG等の非財務情報を考慮しています。なお、「日本版スチュワードシップ・コード」に対する基本方針にもその旨を記載し、公表しています。

T&Dアセットマネジメント

T&Dアセットマネジメントは、投資運用業を営む機関投資家として、お客さまの長期的な利益に適うようにESGの課題に取り組んでいます。

環境に親和的な企業、社会と調和的な企業、企業統治に秀でた企業は、サステナビリティの観点から優れた企業だと考え、ESG調査の専任担当者を配置して国内企業のESG調査を進めています。ESG情報は、国内株式や国内事業債の運用担当者に投資判断の材料として提供されています。

また、米国の大手SRI運用会社のDomini Social Investments LLCと提携し、情報交換を通じて海外のESG動向を把握しています。

機関投資家としての取組み

社会性・公共性の高い生命保険業を事業の中心とするT&D保険グループにとって、機関投資家としての社会的責任を果たし、投融資活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献することは、最も基本的な責務のひとつです。

太陽生命の取組み ・「風力および太陽光発電ファンド」への出資 大規模な風力発電や太陽光発電事業を投資対象とするファンドを通して再生可能エネルギー事業に投資しています。・「グリーンポンド」への投資 再生可能エネルギー事業等への資金供給を目的とする国際金融機関等が発行する債権に投資しています。 ・環境・シニア社会に配慮した不動産投資 環境負荷とシニアにやさしい不動産開発に取り組んでいます。 ・持続可能な社会の実現に貢献できる投資 中南米・カリブ海地域での教育・若年層支援・雇用支援に貢献するEYEポンドに投資しています。 大同生命の取組み ・再生可能エネルギー分野等のインフラ事業への投融資 環境保護に貢献できる発電事業や公共性の高いインフラファンドに投融資しています。・中小企業の経営支援を行うファンドへの投資 日本経済を支える中小企業の成長や発展を支援するファンドに投資しています。・保有ビルに置ける地球環境・地域社会への貢献 高効率省エネ機器の導入やビルへのアトリウム設置などを実施しています。 T&Dアセットマネジメントへの取組み ・ESG調査情報を取り入れた闘志先表は投資先評価 ESG評価を投資判断に活用しています。 ・グローバルな信用格付機関との協議エンゲージメント PRI(下記)との格付機関の「対話」に委員会メンバーとして参加。ESG情報の有用性が認められました。 グループ協議の取組み ・T&D日本株式ESGリサーチファンドへの投資 (太陽生命・大同生命が出資、T&Dアセットマネジメントが運用)ESGに優れた企業に選別投資することで、持続可能な社会形成に貢献します。 ・日本成長戦略ファンドへの投資 (太陽生命・大同生命の取組み)国内の中堅・中小企業の新事業展開促進や事業再生等を支援するファンドに投資しています。